確かな情報ネットワークが、納得のいく結果を提供します。

競馬ニュース

2016/02/07(日)
【きさらぎ賞】“5億円対決”再戦はサトノダイヤモンド返り討ち、重賞初V

「第56回きさらぎ賞」は7日、京都競馬場11R(G3、芝1800メートル・曇・良)で行われ、ルメール騎手騎乗の1番人気サトノダイヤモンド(牡3=池江厩舎所属、父ディープインパクト、母マルペンサ)が直線抜け出して快勝、無傷3連勝で重賞初制覇を飾った。

2016/02/02(月)
プラチナ、ベスト舞台で最上級の輝き

今週の日曜東京メーン・東京新聞杯に、一昨年の朝日杯フューチュリティステークスを制して2歳王者となったダノンプラチナが出走する。昨年12月の香港GI香港マイルは7着と不完全燃焼だったが、その後の調整は順調。今回と同じ東京芝1600メートル戦はGIII富士ステークスを含めて3戦全勝を誇り、今年初戦で重賞3勝目を目指す。

2016/01/29(日)
ノンコノユメ、ドバイ国際競走に予備登録!次走フェブラリーS結果次第で世界に挑む

JRAは28日、ドバイ国際競走(3月26日、メイダン競馬場)に予備登録した日本馬を発表した。今年は計53頭が登録。世界最高賞金のレースであるワールドカップ・G1(ダート2000メートル)には昨年のクラシック2冠馬ドゥラメンテに加えて、昨年の交流G1・ジャパンダートダービーの覇者ノンコノユメが登録。次走のフェブラリーS(2月21日、東京)の結果次第では世界に挑む可能性が出てきた。

2016/01/17(日)
メジャーエンブレムに敵なしか?

桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)まで、早くも3カ月を切った。 その行方を占う2歳牝馬の「女王決定戦」阪神ジュベナイルフィリーズ(2015年12月13日/阪神・芝1600m)は、昨年末に行なわれ、1番人気に推されたメジャーエンブレム(父ダイワメジャー)が見事快勝した。この結果を受けて、同馬は2015年JRA賞の『最優秀2歳牝馬』を満場一致で受賞。同時に、今年の3歳牝馬クラシックの最有力候補となった。

2016/01/13(水)
エーシンモアオバーが引退 種牡馬入り

エーシンモアオバーが1月13日付でJRAの競走馬登録を抹消した。通算成績は54戦12勝(うち地方21戦4勝)。獲得賞金は3億9959万7000円(うち地方1億8485万円)。

2015/12/28(日)
ゴールドシップ完全燃焼ラストラン8着/有馬記念

引退レースだった1番人気ゴールドシップは8着だった。ゴールドシップらしい、豪快な負けっぷりだった。ラスト1000メートルで最後方からの大外ロングスパート。すっかり白くなった馬体が先行勢に襲いかかると、12万人をのみ込んだ観客席が大歓声に揺れた。しかし…。まくりきれない。どれだけしごかれても、3コーナーで3番手まで押し上げるのが精いっぱい。燃え尽きるように8着に沈んだ。

※メールアドレスは半角英数でご入力ください。
※必ずご利用規約をご確認頂きサイトからのメール配信同意のもとご登録下さい。
無料メルマガ登録をする
ご意見・ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページ先頭へ